外断熱工法の知恵

ふんわり包みこむ優しい暖かさ

  誤解が多い作用温度 このような図を平気でネットに発表している人がいるので困ります。  少なくとも「対流による熱伝達量」と「放射による熱伝達量」を加重平均してください。一般には、対流熱伝達量:放射熱伝達量=1:2とされ …… → 続きを読む

外断熱は何のため?

知恵袋によくある質問は「外断熱と内断熱、どちらが良い?」です。 「どちらが良い?」を判断するためにはまず、「外断熱とは何か?」「内断熱とは何か?」を知ることからはじめましょう。ではまず、外断熱の家の建て方を簡単にご説明し …… → 続きを読む

断熱と遮熱

「外断熱とは何か?」「内断熱とは何か?」をご説明する前に、そもそも断熱とは何か?を説明させてください。 「断熱」とは、熱を断つと書きます。夏は、屋外の熱が家の中に入ってこないように熱を断たないといけません。逆に、冬は、エ …… → 続きを読む

熱容量と蓄熱

いかがでしょう? 遮熱と断熱。おぼろげながらイメージを掴んでいただけましたでしょうか? ではそろそろ、外断熱と内断熱のお話に入って行きましょう。どちらも建物の構造体はコンクリートが基本です。木造は外張り断熱といって、外断 …… → 続きを読む

心の安定

外断熱の肝は蓄熱である。というお話をくどくど致しましたが、では、その蓄熱とやらが、どんな効果を発揮するのでしょう? 結論から言うと、乗り心地、いや、住み心地が変わります。自動車の乗り心地に例えると、レクサスと軽自動車との …… → 続きを読む

静けさ

「心の安定」のページでは、いい忘れたことを思い出しました。 レクサスの乗り心地の良さを分析すると、振動が少ないこと、静かなこと、そして最も大事なことは何かに包まれた安心感ではないでしょうか?ハワイアンウォーマー(外断熱蓄 …… → 続きを読む

冷暖房革命

エアコンは冷房と暖房の両方に使えてお得感がありますが、本来は冷房と暖房ではぜんぜん違ったやり方をしないとダメで、エアコンは冷房専用としてつかうべきです。 体の芯から温まる暖房の仕方 人は室内気温とともに、自分の周囲の床・ …… → 続きを読む

熱中症対策

私はシンガポール観光にいったとき、はりきって歩きまわりすぎて熱中症で倒れたことがあります。なので、熱中症は暑いお昼間のものだと思い込んでいました。ところが意外なことに、夜中に家の中で熱中症で倒れるお年寄りが多いと聞きまし …… → 続きを読む

3人のお医者様の体験記

ここでは3人のお医者様の、外断熱体験記をご紹介いたします。これは権威ある建築専門誌「建築ジャーナル」の取材を受け、2009年4月号に掲載されたものです。岩井先生の家は、石川先生は鉄骨、櫻井先生は木造の建物です。さて、それ …… → 続きを読む