ハワイより暑い! 日本の夏

ちなみに、夏の日射を比べると、ハワイよりも日本のほうが強い。
なぜ?
ハワイは日本より南にあるから、日射も強いはずだ・・・と、実は私も思っていた。

ハワイの年間日射量:灰山彰好教授作成Heat-01にて作成

ハワイの年間日射量:灰山彰好教授作成Heat-01にて作成



日本の年間日射量:灰山彰好教授作成Heat-01にて作成

日本の年間日射量:灰山彰好教授作成Heat-01にて作成



上がハワイの年間日射量を月ごとに示したグラフ。そして下が日本のそれである。
年間トータルの数字はハワイの方が多いが、5月~7月における日射量は日本の方が大きい。なるほど日本の夏は暑いわけだ。

ハワイの特徴は、真冬でも終日日射量が5000Wh/㎡もあって、暖かい。穏やかな常夏の島だ。
今一度、ハワイと東京の気温のグラフを見てみよう。見ればみるほど穏やかだ。

ホノルルと東京の気温

ホノルルと東京の気温



でも待てよ。日本の冬だって、3000Wh/㎡もあるのだ。ハワイの半分以上もあるぞ。
なのになぜ寒い? 海流の影響か?
根本的な原因は、太陽からもらう日射パワーと宇宙への放射冷却の綱引きの結果だ。
日射パワーが3000では冷えてくるが、5000あれば暖かさは保てるというわけだ。

ちなみにシンガポールでは

シンガポールの年間日射量:灰山彰好教授のHeat-01にて作成

シンガポールの年間日射量:灰山彰好教授のHeat-01にて作成



「なんじゃこりゃ~! シンガポールは1年に夏と冬が2回づつあるのか?!」と、
一瞬思うだろう。
でも、グラフのメモリをよく見ると年間通じて6000Wh/㎡台でほぼ一定であり、
年がら年中暑いということ。これでは参ってしまう。

こうして日本、ハワイ、シンガポールを比べてみると、ハワイがほんとうに微妙な位置にあることがわかる。
確かに奇跡の島だ、ハワイは・・・
と、こうしてハワイの魅力を語るのがこのサイトの目的ではない。
このハワイの素晴らしい気候を日本の家に再現するサイトだ。

研究課題

このサイトの課題は、ハワイの木陰の涼しさを解き明かし、日本の家に取り入れる方法を考える事。

日射を防ぐにはどうしたら良いのか?
その前に日射は、家のどこを強烈に攻めるてくるのか?
もちろん屋根だ。
そのつぎはどこだ? 南の壁か?
いや、南ではない。東と西である。しかも、東と西では同じである。
ええっ~、西日のほうが暑いではないか?

日射を遮るにはどんな方法があるのか? 費用対効果はどうか?
最近、遮熱塗料というのがあるらしいが、断熱効果もあるのか?
などなど、疑問が湧いてくる。

冬はどうなるのだ

考えているうちに、冬のことを思い出す。日本には暑い夏でけでなく、寒い冬もあったのだ。寒い日のお天道様はほんとうにありたい。これは取り入れない手はない!
夏の日射は遮って、冬は取り入れる・・・開閉式ドームか?
雨漏りは大丈夫か? 維持費がかかりすぎて新国立競技場が頓挫しているというニュースもきく。

これらをひとつひとつ整理していかないと、頭が混乱して、結局どうしたら良いのかわからなくなる。挙句の果てに「自然派」と称して「自然に逆らわず生きるのが一番!」という意見が出てくる。
が、その意見がまかり通るのはハワイに住む場合だ。
ここ日本においてそれは、現実逃避しながら自己正当化する卑怯な意見となる。

自然を取り入れるのはもちろん大事だし、最大限に取り入れることを考えるが、なにもかも取り入れようと欲張ると、二頭を追うものは一頭もえず、になってしまう。
だから吟味したうえで、思い切って捨てる判断能力が問われる。
自然の力は絶大なので、人間の力でねじ伏せることはできないから、柔道のように相手の力を旨く利用して味方につける知恵が必要となる。

その知恵は、すでに環境工学を始めたくさんの教授が観測、実験をしてくださっているので、それを元に費用対効果の優れた方法にて、実用化を進めて行くていくのが私の使命と思っている。

これからひとつづつ丁寧に、しかしザックリとご説明していくのでよろしく。

最終更新日: | 投稿者:, G+