ホノルルの街並み

ホノルルの街並みと東京の街並みを比較してみましょう。
ホノルルでは誰もが行くワイキキを選びました。中央の八角形のツインタワーがハイヤットリージェンシーです。

ホノルルの街並み ビルとビルの空間が広く風が流れやすい

ホノルルの街並み ビルとビルの空間が広く風が流れやすい

ワイキキは土地の区画が大きく、ビルとビルの空間がとても広いです。ビルは30階クラスですから高さにして100mほどありますが、ビルとビルの間も数十メートル空いているので風はゆうゆうと吹き抜けます。
東京では、私たちがごく普通に住んでいる街並みの代表として世田谷区役所付近を選びました。

  
世田谷区役所付近 家が密集して風が流れにくい

世田谷区役所付近 家が密集して風が流れにくい

一目瞭然ですが、私たちが住んでいる街並みは家が密集しています。
家は2階か3階建なので高さは10m以下ですが、お隣の家とのすきまは1mもあるなしです。これでは風はまず通りません。

国土交通省国土技術総合研究所・西澤繁毅氏の研究結果として「住宅地において風向き意識した開口配置をしたとしても、通風量が格段に増えるわけではない」つまり「密集地では窓から風を取り入れようとしてもムダ!」と言えるくらいショッキングな、というか、当たり前ことが発表されているのです。

出典:南雄三のパッシブ講座/通風トレーニング

出典:南雄三のパッシブ講座/通風トレーニング

私の見立てによると、世田谷区役所付近の住宅地の「区域建ぺい率は約40%」「ホノルルの高層ホテルの区域建ぺい率は約10%」でしょう。
グラフで示すように、区域建ぺい率が10%程度なら風通しは期待できますが、40%にもなるとほとんど風通しは期待できなません。
(ちなみに区域建ぺい率とは道路も公園も含んだ建ぺい率で、たとえば1000平方メートルの区域に合計400平方メートルの建物がたっておれば40%ということになります)

しかも、ホノルルは常に秒速5~6mの風が吹いています。
この風がどれだけ気持ち良い要素になるか、これから科学的に分析していきます。
では、今日はこれまで。

最終更新日: | 投稿者:, G+